メインメニュー
更新履歴
Wiki 最新記事
アクセスカウンタ
1806752

00130 :昨日
00129 :今日
検索
管理人の日記など
OpenOffice.orgユーザーのためのMicrosoft Office互換性研究室
OpenOffice.orgは、誰でも無料(無償)で利用できるオフィスソフトです。
OpenOffice.orgには、ワープロ、表計算、プレゼンテーション、データベース、図形描画、数式作成が含まれ、オフィスソフトとして十分な機能を持っています。しかも、Microsoft Officeと互換性があり、Microsoft Officeのファイルを開いて編集することができます。さらに、Microsoft Office形式で保存することも可能です。

※ 無料(無償)で利用できる理由については、この下にある「OpenOffice.org が無料(無償)である理由」をご覧ください。

本サイトは、これまでMicrosoft Officeを使ったことのある人が、OpenOffice.orgを利用するときに必要な知識や情報を集約して提供することを目的に、2003年4月に開設しました。その後、Ver.2.0へのバージョンアップにあわせて、2005年10月に全面リニューアルしました。さらに、2008年10月に、最新バージョンにあわせた内容に更新しました。


 → バージョン3.xの情報
(「バージョン3.xの情報」のページはただいま作成中です。ほとんどの情報は、2.xのものがそのまま活用できます。)

 → バージョン2.xに関する情報は、このページをご覧ください。

 → バージョン1.xの情報



※ このサイトは、フリーライターの松井幹彦がボランティアで運営しています。仕事の合間の空き時間を利用していますので、更新が十分でない場合場ありますがご容赦ください。

2009年1月5日(一部修正)            サイト管理者:松井幹彦
お薦めコンテンツ

--------------------

■ OpenOffice.orgを使えるようにするまでの手順
■ OpenOffice.orgの構成アプリケーションについて
■ 基本操作に関する互換性
■ Word−Writer 操作の互換性の基礎知識
■ Excel−Calc 操作の互換性の基礎知識
■ マクロの互換性に関する基礎知識
■ Base から Accessデータベース に接続する
■ Writerを使って「行数」や「文字数」を指定したドキュメントを作成する手順
■ WordとWriter、ExcelとCalcの「ページ設定」の違いについて
■ 「オートSUM」機能を比較する
■ 「セルの結合」機能の違いについて

--------------------

■ 『一目で分かるOpenOffice.orgの使い方』−−日経Linux誌の連載記事(2007年4月〜2008年3月)を公開

Writer
  第1回 見栄えのする文書を作成
  第2回 タイトルやページ番号を付ける
  第3回 自分にピッタリの履歴書
  第4回 編集作業を大幅に効率アップ
  第5回 長文をスマートに作成
  第6回 注釈を付けたドキュメントを作りたい
  第7回 新聞のようなレイアウト
  第8回 文字数と行数を指定する
  第9回 バランスの良いルビを設定
  第10回 論文用のテンプレートを作成

Calc
  第1回 数値の変化を見逃さない
  第2回 データ入力の手間を減らす
  第3回 数値の動きをビジュアル化
  第4回 魅力的なグラフを作成
  第5回 セル・データを思い通りにソート
  第6回 条件を満たすデータだけを抽出
  第7回 知っていると数値表示が100倍便利
  第8回 いろいろなパターンの串刺し集計
  第9回 マンション投資の利回りを計算してみた
  第10回 家賃アップ額とマンション値引き額 

Impress
  第1回 必ず成功するプレゼン資料
  第2回 フリーのクリップ・アートを活用
  第3回 印象に残るプレゼン資料を作る
  第4回 資料から他のアプリを起動
  第5回 スムーズにプレゼンするには準備が必要
  第6回 図表や組織図を作成 


■ 『本気で使うOpenOffice.org』−−PC Japan誌の連載記事(2006.7〜2006.12)を公開

第1回 本気で使うOpenOffice.org
第2回 Microsoft Office文書の入出力と,基本操作の互換性
第3回 ワープロの活用と互換性
第4回 表計算の活用と互換性(前編)
第5回 表計算の活用と互換性(後編:関数など)
第6回 プレゼンテーションツールと図形描画機能の互換性


--------------------

● 少し古いですが、よろしければ以下の記事もご覧ください。
UNIX USER誌の記事(2003.12〜2005.1)


最新記事(管理人のブログから)
松井幹彦の「Officeソフト」ウォッチング
[配列数式に関する基本から応用まで9本の記事を追加]
Excelの配列数式は、Calcでは行列式と呼んでいます。 基本から応用までの記事9本を公開しました。 1240_行列式(配列数式) 1241_行列を入れ替える(TRANSPOSE関数) 1242_S...
[『逆引きマニュアル−Calc編』に記事を追加しました]
1210_演算子の使い方 1220_相対参照と絶対参照 1230_範囲名やラベルを使って数式を分かりやすくする 1235_繰り返し使用する数式に名前をつける
[pub.oooug.jp に9本の記事を公開]
また1年ぶりの投稿になってしまいましたが、『逆引きマニュアル−Calc編』に記事を追加しました。 0090_サイドバーの使い方 1080_セルに枠線を設定する 1090_セル枠線の互換性 1100_タ...
[『逆引きマニュアル−Calc編』に記事を追加]
転居などのゴタゴタで、だいぶ間があいてしまいました。 前回に欠番だった0980と0990を含めて、 8件の記事をアップしました。 0980_行高を手動/自動で変更する 0990_列幅を調整する 102...
[『逆引きマニュアル−Calc編』に12件の記事を追加]
少し頑張って、12件の記事を追加しました。 0980、0990は、手順の関係で、次回に補充する予定です。 0880_フォント効果(太字、下線、取消線、浮き出し、中抜き、影、強調など) 0890_文字列...
[『逆引きマニュアル−Calc編』に記事を追加しました]
OpenOffice.org日本ユーザー会のサイトに『逆引きマニュアル−Calc編』を書いています。 1000ページ超の予定で、現在の進行状況ですが、遅々として進んでいません(すみません)。 一昨日、...
[『実務で使えるLibreOffice』]
10月11日に、翔泳社から『実務で使えるLibreOffice』が発売されます。共著で、OpenOffice.org日本ユーザー会のメンバーが中心になって執筆しました。 内容は、無料の統合オフィスソフ...
[『今すぐ使える かんたんiWork』]
9月26日に、株式会社技術評論社から、『今すぐ使える かんたんiWork』を出版しました。よろしくお願いします。 昨年7月にiPad版iWorkの解説書(「iWork for iPad/iPhoneパ...
[『iWork for iPad/iPhoneパーフェクトブック』]
ソフトバンククリエイティブ株式会社から『iWork for iPad/iPhoneパーフェクトブック』という本を出しました。(21日に発売です) その名の通りiPad/iPhone用の「iWork」の...
[『逆引きマニュアル−Calc編』の進行状況]
OpenOffice.org日本ユーザー会のサイトに『逆引きマニュアル−Calc編』を書いています。1000ページ超の予定で、1年ほど前から合間を見て少しずつ進めています。以下、現在の進行状況です。 ...

速報版 OpenOffice.orgのQ&A
OpenOffice.org Q&A
[出版部門の情報を見る]
1240_行列式(配列数式) 1241_行列を入れ替える(TRANSPOSE関数) 1242_SUM関数を使って特定の条件に該当するデータを集計する 1243_行列式を使って選択範囲のデータを昇順(降順)に取り出す 1244_行列式で利用する「連番」の生成 1245_データ範囲に含まれている空白セルを除外する 1246_新旧データ群の差異を判定する(行列式) 1250_FREQUENCY関数を使った度数分布表の作成 1255_最大文字数の判定と表示(行列式)
[faq/6/290]
***Developer's Guideの文字コード [#ocf8ba90] >M.Kamataki (2014-01-21 20:20:14 (火)) 以下のブログで紹介されたのを機に openoffice-docj.sourceforge.jp に置いてあるDeveloper's GuideのHTMファイルの文字コードをUTF8に統一しておきました。 http://p--q.blogspot.jp/2014/01/libreoffice9openoffice-developers-guide.html 古いドキュメントなので、最新の英語のDeveloper's Guideを必ず見られることをお薦めします。 //
[faq/1/249]
* ファイルを開く方法 [#fb20285d] * ワードやエクセル・パワーポイントで開けるようにするには [#fb20285d]
[faq/4/1216]
Base専用、さらにWindowsプラットフォームでしか動作しませんが、今年3月にユーザー会メーリングリストで公開された拡張機能があります。こちらが、Baseフォームのテキスト入力欄のIME制御に対応しています。 Windowsプラットフォームでしか動作しませんが、今年3月にユーザー会メーリングリストで公開された拡張機能があります。こちらが、Baseフォームのテキスト入力欄のIME制御に対応しています。
[MenuBar]
-Apache OpenOffice Extensions -Apache OpenOffice Templates LibreOffice Tamplates -LibreOffice Templates
[faq/5/436]
|~依存するページ|Issue #99390 #42065| |~依存するページ|Issue #99390 #42065| #contents #clear http://ja.openoffice.org/issues/show_bug.cgi?id=46187 https://issues.apache.org/ooo/show_bug.cgi?id=46187 http://www.openoffice.org/issues/show_bug.cgi?id=99390 https://issues.apache.org/ooo/show_bug.cgi?id=99390 http://ja.openoffice.org/issues/show_bug.cgi?id=42065 https://issues.apache.org/ooo/show_bug.cgi?id=42065
[faq/4a/29]
***LibreOfficeで実現 [#sa290cb3] >M.Kamataki (2011-11-17 10:30:13 (木)) R1C1形式を利用するなら、現段階ではLibreOfficeを選択する以外に方法はありません。以下を参考にしてください。 2.03.06 異なる3種類の数式の構文をサポート http://pub.oooug.jp/?p=636 OpenOffice.orgはしばらくバージョンアップがありません。 //
[faq/3/319]
検証はしていないのですが、content.xml エラーを修正する際、「Microsoft Visual Web Developer 2010 Express(無償)」を使いと良いみたいです。 検証はしていないのですが、content.xml エラーを修正する際、「Microsoft Visual Web Developer 2010 Express(無償)」を使うと良いみたいです。自動的にタグのエラーを見つけてくれるようです。
[faq/6/292]
//////////バグ対策(以降マッチさせない)
[faq/6/284]
//////////バグ対策(以降マッチさせない)

OpenOffice.org が無料(無償)である理由
OpenOffice.orgは、ドイツで生まれたStarOfficeというソフトに端を発しています。その後、Sun Microsystemsが買収し、現在は「オープンソース」という方式で開発されています。

「オープンソース」というのは、ソースコードを公開することによって、世界中のボランティアが参加して開発を進める方法です。とは言っても、それをとりまとめて管理する場(人以外のリソース)が必要です。Sun Microsystemsは、成果物をStarOfficeとして販売することと引き替えに、これらのリソースを提供しています。
(なお、日本ではStarOfficeという名称がNECのグループウェアの登録商標となっているためStarSuiteという名称を使用しています。以下はStarSuiteと表記します。)

したがって、Sun Microsystems の StarSuite と OpenOffice.org は、基本的に同じものです。ただし、オフィスソフト本体は同じですが、付属機能(フォント、クリップアート、一太郎コンバータなど有料ライセンスを必要とする部分)が付加されています。また、一定のユーザーサポートも提供されています。
(有料とは言っても非常に安いので、OpenOffice.orgが初めてなら、StarSuiteの購入を検討してみると良いでしょう。)
StarSuite → [Sun Microsystems]
購入 → [ソースネクスト・ドットコム]

上で書いたように、OpenOffice.orgは、言うなればボランティアとSun Microsystemsの共同開発の成果物です。したがって、「値段の安いソフトが無料」なのではありません。「高機能なソフトを安い値段で売る」あるいは「高機能なソフトを無料で配布する」ことができているのです。使ってみれば分かりますが、「Microsoft Officeとほぼ同じ機能、あるいはそれ以上の内容をもっているソフトが無料」なのです。

OpenOffice.orgの開発はボランティアがおこなっています。今回のOpenOffice.org2.0のリリースも、これから先のメンテナンスも、すべてボランティアが協力し合っておこなっていきます。したがって、利用する側も、こういった事情を理解しておく必要があります。

1.感謝: 多くのボランティアの協力のもとに提供されていることを理解して、感謝して利用する。
2.自己責任: 困ったことや分からないことが発生したら、自分で解決する(ユーザーサポートは無い)。
3.コミュニティへの参加: 満足したら、何らかのかたちでOpenOffice.orgの発展に貢献する。できる範囲でお返しをする。

私たちが、上記の3点を理解して利用すれば、OpenOffice.orgは少しずつ発展を続けていきます。
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

OpenOffice.org 2.0の解説書発売 (内容のすべてを無料で読むことができます)
『オープンガイドブック OpenOffice.org 2.0』

OpenOffice.org 2.0の解説書が発売されました。

『オープンガイドブック OpenOffice.org 2.0』
株式会社グッデイ
(著者)可知 豊、鎌滝 雅久、松井 幹彦、中本 崇志

■ 本サイト管理人の 松井幹彦も執筆に参加しています。

■ 購入(ISBN4-86010-123-5 CD-ROM付き2980円 )は、こちらから

■ こちらで内容の全文をPDF形式で読むことができます。
Amazon
copyright(c) 2003-2007  Theme Designed by OCEAN-NET