メインメニュー
サブメニュー
アクセスカウンタ
1843684

00069 :昨日
00047 :今日
検索
互換性 : Webベースの表計算ソフト「iRows」と「Num Sum」
投稿者: matsui 投稿日時: 2006-3-16 11:36:59 (15793 ヒット)

OpenOffice.orgとの直接の互換性は無いのですが、Webベースで稼働する2つの表計算ソフトを試してみました。これはそのレポートです。【管理人のブログから転載】

iRows




Num Sum




どちらも、次のような特徴があります。

1.オンラインでデータを管理し、いつでもどこからででもアクセスできる。ワークシート上で、計算し、グラフ化し、分析する作業が、オンラインで可能だ。
2.特定のグループあるいは不特定の(世界中の)人たちとデータを共有することがでる。
3.自分のWebサイトやブログなどにデータを表示するためのHTMLを生成できる。

どちらも作成したデータをCSVファイルなどで出力できますが、iRowsでは、さらにExcelファイルでの保存も可能です。残念ながら、いまのところOpenDocumentには対応していません。

以下は、実際に使ってみたレポートです。


(その1)iROWS

まずiRowsを使ってみました……




ワークシート上では日本語が使えます。数値データには3桁カンマや%などの書式が設定でき、小数点以下の表示桁数の設定や$¥などのマークが使えます。

すばらしいのは、フィルハンドルによる連続コピーが使えることです。この場合、数式は相対参照でコピーされます。関数は、SUMやAVERAGEが使えます。引数の記入に範囲の参照を入力する作業はワークシート上のドラッグ操作で可能です。





グラフは、2D/3Dの縦棒グラフ/横棒グラフ/折れ線グラフ/円グラフが描写できます。ただし、残念ながら軸ラベルや凡例の部分に使用した日本語がトーフになってしまいます。(グラフタイトルには「第4四半期売上高」と入力してあります)
ワークシート上のデータを変更すると、即座にグラフが再描画されます。

共有の設定は、「view」「update and view」という指定のそれぞれについて、「me」「anyone」「specified groupes and users」が選べます(したがって矛盾した設定もできてしまう)。
公開のための手段としては、「メールで送るときのアドレス」および「Webページ内に表示するためのHTML文」が表示されます。Webページでの表示は「Interactive」「Static」「Embedded」の3種類が用意されてます。下記は「Embedded」での表示です。



Excel形式で保存してみました。データだけでなく数式や書式も含んだxlsファイルが保存できました。ただし、残念ながらグラフ部分は保存されませんでした。





ここで作成したデータは、下記のサイトで公開していますので、自由に試すことができます。
http://www.irows.com/xo/EditSheet.do?id=3870


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(その2)NumSum

今度はNumSumです……




この画面で分かるように、こちらも日本語がOKです。文字サイズの拡大縮小、数値データの3桁カンマや小数点以下の表示桁数、%表示、$や¥などのマークなど、ほとんどiRowsと同じです。
ただし、セル内のデータ配置ですが、文字列も数値データも初期設定は左詰めです。これには少し違和感を感じます(iRowsの方は、ExcelやCalcと同じように、文字列が左詰め、数値データが右詰めで表示されます)。

関数はSUMとAVERAGEを使ってみました。関数の引数にセル範囲を入力するときに手作業でおこなう必要があります。またフィルハンドルでの自動コピーなども使えません。このあたりの使い心地も、iRowsに比べていま一歩という感じです。

グラフの種類は、棒グラフ、折れ線グラフ、面グラフの3種類です。これもiRowsよりもだいぶ寂しい内容となっています。ただ、日本語がグラフエリアに反映されます。この点で、こちらの方が利用価値が高いといって良いかもしれません。





ワークシート上のデータを変更してもグラフは再描画されません(数式は再計算されます)。Chartsダイアログにある「Update Chart」ボタンをクリックする必要があります(上の画面)。しかも、このとき既存のデータ範囲の設定がダイアログに反映されないので、いちいち再選択する必要があります。この使い勝手もいまいちです。

データの出力は、「タブ区切り」「カンマ区切り」「HTMLテーブル」の3種類で、Excelファイルの保存はできません。
下記はブログ公開用の出力です(うまく機能しないようです)。



ここで作成したデータは、NumSumのサイトで公開していますので、自由に試すことができます。
http://www.numsum.com/spreadsheet/show/14245


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(結論)
全体的に見るとNumSumの方はまだまだこれからという感じです。一方のiRowsはなかなか良い使い心地です。ほぼ実用域に達しているといって良いでしょう。もちろん、機能的にはExcelやCalcとは比較になりません。しかし、それも時間の問題のような気がします。しばらくは‘Web2.0のオフィスソフト’から目が離せそうにありません。

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
copyright(c) 2003-2007  Theme Designed by OCEAN-NET