メインメニュー
サブメニュー
アクセスカウンタ
1641304

00239 :昨日
00025 :今日
検索
Access − Base 互換性の基礎知識

● 新しく追加されたデータベースソフト

Baseは、OpenOffice.org2.0.0から追加されたデータベースツールです。それまでのOpenOffice.orgをMicrosoft Officeと比較したときに、もっとも大きな違いはデータベースソフトの不存在でした。これで「主要メンバーは揃った」という感じです。

● Accessとの互換性はない

互換性という面から見ると、

ワープロソフト(Writer−Word)
表計算ソフト(Calc−Excel)
プレゼンテーション(Impress−PowerPoint)

の組み合わせと、Base−Accessの組み合わせはだいぶ違います。

上の3つの組み合わせは、操作性や機能が非常によく似ていて、しかもデータを交換することができるようになっています。Microsoft Officeの代わりにOpenOffice.orgを使って、ほとんど不都合なく作業を続けることができます。

しかし、データベースソフトの部分はそれができません。同じ位置づけのソフトとして追加されたBaseですが……

「BaseはAccessとの互換性はありません。」

まず、機能や操作性がだいぶ違います。
また、BaseはAccessのデータベースファイルを読むことはできません。
したがって、Accessの代わりにBaseを使って同じ作業をすることはできません。

● 機能や操作性を比較する

互換性はないと書きましたが、同じ位置づけのデータベースソフトですから、機能や操作性は似ています。どの部分が同じで、どの部分が違うのか、という横並び比較は意味があると思います。
たとえば、「テーブル」に設定できるフィールドの種類(データ型)として、Accessには「ハイパーリンク型」がありますが、Baseにはこれがありません。またテキスト型のフィールドプロパティとして、Accessでは「IME入力モード」「IME変換モード」「ふりがな」などを設定できますが、Baseにはこれらの機能がありません。
もう少し大きな部分を見ると、Accessには10種類のデータベーステンプレートが備わっています。しかし、Baseにはテンプレートは付属していません。しかし、ウイザード形式でテーブルやクエリ、フォーム、レポートを作成することはできます。サンプルとして用意されているパーツを組み合わせて、対話形式で作成することができます。

これらの横並び比較を作成する予定です。
(詳細は追ってご案内します。しばらくお待ちください。)


● Accessデータベースに接続することができる

Baseには、Accessデータベースに接続する機能が用意されています。Accessのデータベースファイルを直接読み書きすることはできませんが、この接続機能を使ってAccessデータベースのテーブルを利用することができます。また、逆にAccessデータベースで利用できるテーブルを作成することも可能です。さらに、Accessデータベースで作成したクエリの一部は、Baseからテーブルとして参照することができます。
残念ながらAccessのフォームやレポートは利用することはできませんが、Baseの側でそれらを用意すれば、Accessの代わりにBaseを使うこともできるわけです。

Accessデータベースへの接続は、次の3つの方法で可能です。クリックすると該当の記事(「互換性の研究」)を表示します。

1.Microsoft Access用ドライバ
2.ODBCドライバを使う
3.ADO(ActiveX Data Object)を使う/3つの方法の比較表





メインに戻る メインに戻る
[ 7.Access − Base の互換性へ戻る | メインに戻る | 印刷用ページ]
copyright(c) 2003-2007  Theme Designed by OCEAN-NET