メインメニュー
アクセスカウンタ
1866031

00211 :昨日
00026 :今日
検索
【ご案内】
OpenOffice.orgユーザー会のFAQからのリンクで来た方へ
・ このサイトはMicrosoft Officeとの互換性情報を提供しています。
・ 左側のメニューで、お探しの情報が得られるかもしれません。現在のところ「互換性の基礎知識」「ニュース」「旧サイト」などに情報があります。
■逆にOpenOffice.orgユーザー会のFAQ以外から来た方へ
・ このページは準備中です。下記のサイトに大規模なFAQがあります。
→ OpenOffice.orgユーザー会のFAQ

FAQ(よくある質問と回答)

メインページ »» Access-Baseの互換性

目次


BaseからAccessデータベースに接続する手順
下記をご覧ください

→ Access−Baseの互換性
AccessのテーブルをBaseのテーブルに変換したい
Windows版のOpenOffice.orgには、MicrosoftAccessドライバが付属しているので、Accessのデータベースに接続してテーブルを参照して活用することができます。この場合、Base側(Baseデータベースとして名前をつけて保存したファイル)には、接続の設定とBaseで作成したクエリなどが保存されます。Accessのテーブルは、Baseデータベースにインポートされるのではなく、リンク(接続)して利用されますから、編集したデータや追加したレコードは、Accessのデータベースに保存されます(注)。

(注)新しいテーブルを作成した場合もAccessデータベースに保存されます。BaseからAccessデータベースに接続する3種類の方法と、接続した結果の違いについては、次のページをご覧ください。

互換性の研究-Access−Base の互換性
http://oooug.jp/compati/2.0/modules/xfsection/index.php?category=3


では、AccessのテーブルをBaseデータベースにインポートして利用したいときはどのようにしたらよいでしょうか。このページでは、その方法と手順を解説しています。

(概要)
AccessのテーブルをBaseのテーブルに変換するには、Accessデータベースに接続した状態で新しいBaseデータベース(Accessデータベースに接続していない状態のBaseデータベース)にコピーします。

(手順)


まず、BaseからAccessデータベースに接続する。「データベースウイザード」の第1画面で「既存のデータベースに接続」を選択し、「Microsoft Access」ドライバを選択する。





「データベースウイザード」の第2画面で、希望のAccessデータベースファイルを選択する。



名前をつけて保存する(画面省略)。



これがBaseからAccessデータベースに接続した様子だ。接続したAccessデータベースのテーブルやクエリが一覧表示されている。





新たにBaseを起動し、「データベースウイザード」の第1画面で「新規データベースの作成」を選択する。





「データベースウイザード」の第2画面で「データベースを開いて編集します」を選択する。上側のオプション「OpenOffice.orgにデータベースを登録しますか」は、データソースとしてWriterやCalcの中で利用するかどうかの選択だ。ここでは「いいえ」を選択している。



このあと名前をつけて保存する(画面省略)。



ここから先は2つのBaseを並べての作業となる。左上がAccessデータベースに接続したBaseで、右下が単独の(HSQLの)Baseだ。ドラッグ&ドロップでの作業がやりやすいように、画面を配置して作業を開始する。





インポートしたいAccessのテーブルを新規Baseの「テーブル」ペインにドラッグする。





「テーブルのコピー」ダイアログが表示される。ここで、Accessのテーブルをどのようにコピーするかを指定できる。





コピーするフィールドを選択する。「>>」ボタンですべてのフィールドを選択できる。必要に応じて「>」「<」ボタンを組み合わせて使うとよい。





ここではすべてのフィールドを選択した。





フィールドごとに「タイプの書式設定」ができる。本例の場合には、2カ所ほど書式設定を変更する必要がある。まず、「フリガナ」フィールドの長さを「80」に変更する。Baseでは、テキスト型のフィールド長の初期設定は「50」となっている。





続いて「プロフィール」フィールドの種類を「メモ」に変更する。このように、あらかじめコピー元となるテーブルのフィールドプロパティを把握しておく必要がある。





「完了」ボタンをクリックすると、テーブルがコピーされる。





コピーされたテーブルのアイコンをダブルクリックすると内容を確認することができる。日本語のデータも正しくインポートされていることが分かる。





コピー先のBaseファイルの変更を保存して終了する。これでBaseのテーブルとして保存された。





※ このTipsは日本ユーザー会のメーリングリスト「openoffice:8086」および「openoffice:8856」からのスレッドを参考にして作成しました。鎌滝さんの情報に謝意を表します。


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

投稿者 スレッド
citrus3
投稿日時: 2007-2-19 12:39  更新日時: 2007-2-19 12:39
新米
登録日: 2007-2-19
居住地:
投稿数: 1
 odbcドライバは用意されていませんか?
OpenOfficeからAccessに接続または操作手順は、理解できました。しかし現状(私は)、データベースをアプリケーションで利用しています(VB)。AccessからOpenOfficeに乗り換えたいのですが、OS Windows XPを使用しているためデータソースに登録するDLLが必要となります。odbcドライバは用意されていませんか?

または、ほかに方法はあるのでしょうか?
copyright(c) 2003-2007  Theme Designed by OCEAN-NET