Excelでは、F3キーで「名前の貼り付け」ダイアログが表示されます。また、Shift+F3キーで「関数の挿入」ダイアログが表示されます。これらのショートカットキーは、なかなか便利ですが、残念ながらCalcでは設定されていません。次の手順で、カスタマイズしておくと良いでしょう。

画面01 F3キーにExcelと同じ機能を割り付ける手順



1.「ツール」−「カスタマイズ」コマンドを選択して、このダイアログを表示します。
2.「キーボード」タブを選択します。
3.「ショートカットキー」ボックスで「F3」を選択します。
4.「範囲」ボックスで「挿入」を選択します。
5.「機能」ボックスで「名前の挿入」を選びます。
6.「Calc」オプションが選択されていることを確認し……
7.「変更」ボタンをクリックします。
8.F3キーに機能が設定されました。

同様にして「Shift+F3」キーに「関数の挿入」機能を割り当てます。
(Calcでは初期設定でCtrl+F2に関数の挿入が割り当てられています。)

画面02 Shift+F3キーにもExcelと同じ機能(関数の挿入)を割り付ける




--------------------
2009/1/05 松井幹彦

下のボタンをクリックしてもらえると、筆者の励みになります。よろしくお願いします。