お勧め書籍
記事のリクエスト−投票受付中
アクセスカウンタ
964722

0067 :昨日
0001 :今日
トップ  >  Writer  >  フォントの置換
● フォントの置換

「フォントの置換」機能はMicrosoft Office Wordにもあるのですが、利用したことのあるユーザーは少ないと思います。OpenOffice.org Writerに移行するにあたっては、この機能を知っておくと重宝します。

OpenOffice.orgでは、「フォントの置換」機能は、すべてのツールに共通の機能です(OpenOffice.orgは統合度が高いので、ワープロ・表計算などのアプリケーションを「ツール」と呼びます)。それは、いろいろな環境で利用されることを想定しているからです。たとえば、Windows上のMicrosoft Officeで作成したドキュメントを、Linux上のOpenOffice.orgで開くことがあるかもしれません。同じフォントが用意されていない可能性が高い、と考えた方が良いでしょう。
そんなときのために、OpenOffice.orgには、画面01の「フォントの置換テーブル」の機能が用 意されています。使い方は画面01の説明を参照してください。

最近のバージョンでは、この「置換テーブル」を使わなくても、たいがいの場合うまく代替フォントを見つけてくれるようです。それでも、Microsoft Officeで作成したファイルや、別の環境で作成したOpenOffice.orgのファイルを開いたときに表示がうまくいかないということが、ままあります。そのような場合は、ここで明示的にフォントの置換を設定すると良いでしょう。


(画面01)
フォントの置換テーブルを利用する


1.「ファイル」−「オプション」コマンドで「オプション」ダイアログを表示します。
2.左側のツリーメニューで「OpenOffice.org」−「フォント」を選択します。
3.「置換テーブルを使う」チェックボックスをオンにします。
4. 「フォントの種類」と「置換候補」の組み合わせをドロップダウンリストから選択します。このとき、ドロップダウンリストに表示されるのは、 OS(Windows)にインストールされているフォント名です。インストールされていないフォント名を入力したいときは、フォント名を正確に入力するように注意してください。コピー&ペーストなどを使って入力すると良いでしょう。
5.右側の「レ」ボタン(ここでは淡色で表示されている)をクリックすると、中央のリストに登録されます。
6「常に」または「画面」のチェックボックスをオンにします。このチェックボックスは、どちらかを選択するようにします。(過去に、両方をチェックしたときに不具合が報告されています)


--------------------
2009/3/2 松井幹彦

下のボタンをクリックしてもらえると、筆者の励みになります。よろしくお願いします。
プリンタ用画面
投票数:824 平均点:5.55
前
「行数」や「文字数」を指定したドキュメントを作成する方法
カテゴリートップ
Writer
次
「スタイルと書式設定」ウインドウの使い方
(c) 2003-2008 Mikihiko Matsui All Rights Reserved.
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme Desinged by OCEAN-NET