お勧め書籍
記事のリクエスト−投票受付中
アクセスカウンタ
915899

0183 :昨日
0022 :今日
トップ  >  Impress  >  スマートアート(図表と組織図)の作成
スマートアート(図表と組織図)の作成


Microsoft Office2003には、「図表ギャラリー」と呼ぶ機能があり、画面01のようなグラフィックスを入力できます。この機能は、Microsoft Office2007になって大幅に強化されて、「SmartArt」と呼ばれるようになっています。

画面01

Office2003の「図表ギャラリー」



このような機能をOpenOffice.orgでも利用したいという希望があるようです。
そこで、上記の「図表ギャラリー」に含まれている6種類の図形を、OpenOffice.orgの図形描画ツールで作成する手順を解説しましょう。

筆者は、以前に『日経Linux』誌で作成手順を解説したことがあるのですが(2008年3月号、こちらで読むことができます)、静止画では分かりづらいと思います。そこで、こちらでは、Flashを使った動画で解説してみました。

※ 残念ながら、アイテムを自動的に追加したり、バランスを自動的に整えたりすることはできませんが、自分で作成した図形ですから、簡単に修正や改良ができます。お仕着せのものよりも、応用範囲は広いでしょう。

作成手順は、Flashを使った3分〜5分程度の動画です(新しいウインドウが開きます)。
下に行くほど、複雑な手順になっています。

ピラミッド型図表の作成手順 (約4分:2.4MB)




ベン図型図表の作成手順 (約5分:3.3MB)




組織図の作成手順 (約3分:2.0MB)




放射型図表の作成手順 (約6分:2.6MB)




ドーナッツ型図表の作成手順 (約5分:5.8MB)




ターゲット型図表の作成手順 (約5分30秒:3.6MB)





【追加説明】テキストの入力

画面02
作成した図形をダブルクリックすると、テキストが入力できます。




--------------------
2009/7/11 松井幹彦

下のボタンをクリックしてもらえると、筆者の励みになります。よろしくお願いします。
プリンタ用画面
投票数:695 平均点:5.58
カテゴリートップ
Impress
(c) 2003-2008 Mikihiko Matsui All Rights Reserved.
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme Desinged by OCEAN-NET