前のページに戻る

範囲とアクティブセルの関係

Calcでは選択範囲とアクティブセルを切り離すことができる

範囲を選択する(Calc)
Calcでは、範囲を選択すると、最終位置がアクティブセルとなります。

この状態で、選択範囲をドラッグしてみましょう。


選択範囲をドラッグする(Calc)

ドラッグ中は、移動範囲を示すガイドラインが表示されます。

B3:C5の範囲を、C7:D9までドラッグしてマウスのボタンを放します。



範囲が移動しアクティブセルだけが残る(Calc)
すると、選択範囲だけが移動し、アクティブセルはC5のまま残ります。

この状態で、データを入力すると、C5セルに入力されます。また、書式を設定すると、C7:D9の範囲に設定されます。

Excelでは、このようなこと(選択範囲とアクティブセルが分離した状態)は、決して起こりません。アクティブセルは、常に選択範囲内にあります。


前のページに戻る  Home


制作者:松井幹彦

更新日: ,2003/04/09 15:15