[マクロのカケラ]  [情報交換掲示板] [このサイトについて] [更新履歴] [リンク集]

最新情報

OpenOffice.org2.0の情報

2.0以前の改善点および不具合

UNIX USER誌の記事
(2003/12〜2005/1)

目的から検索するマクロのサンプル

Excel ←→ Calc

ドキュメントの互換性

機能の互換性

関数の互換性

操作の互換性

Word ←→ Writer

ドキュメントの互換性

機能の互換性

図形描画の互換性

操作の互換性

PPoint ←→ Impress

機能の互換性

プレゼンテーションの互換性

その他の互換性

複合文書の互換性

マクロの互換性



inetd

OpenOffice.org ユーザーのための

Microsoft Office 互換性研究室

  • 会社で Microsoft Office を使っていて、自宅に Microsoft Office が無い、しかし会社の仕事を持ち帰って処理しなくてはならない、というときに役に立つのが無料のオフィスソフトOpenOffice.orgです。 「OpenOffice.org 日本ユーザー会」の公式サイトhttp://ja.openoffice.org/  からダウンロードできます。

  • OpenOffice.orgはオープンソースで開発されているオフィスソフトで、Writer(ワープロソフト)、Calc(表 計算ソフト)、Impress(プレゼンテーションソフト)、Draw(図形描画ソフト)などが含まれています。それぞれWord、Excel、 PowerPointのファイルを読み書きすることができ、かなり高い互換性を備えています。操作性なども共通している部分が多いので、学習も容易です。

  •  とは言っても、互換性は100%ではありません。トラブルなども発生することがあります。この「 OpenOffice.org ユーザーのためのMicrosoft Office 互換性研究室」は、両ソフトウエアの間に存在する互換性の問題を研究し、解決しようという目的で2003年4月に開設しました。 OpenOffice.org と Microsoft Office の互換性に関するあらゆる情報を集め、またそれに対処するための方策を提供します。

  • (お知らせ)
    2003年12月〜2005年1月まで、雑誌「UNIX USER」(ソフトバンクパブリッシング刊)に「OpenOffice.org研究室 互換性検証グループ」を連載しました。その内容をHTML化して公開しています。是非ご覧ください。
    → UNIX USER誌の記事へ


制作者:松井幹彦

更新日: ,2005/06/23 16:14