* OOoの画面や設定がおかしくなってしまいました。 [#z4076276]
 -ページ: [[OpenOffice.org FAQの登録ページ]]
 -投稿者: catch
 -優先順位: 低
 -状態: 完了
 -カテゴリー: 全体
 -投稿日: 2006-02-28 22:17:23 (火)
 -OS: 
 -バージョン: 2.0
 
 //////////バグ対策(以降マッチさせない)
 
 ** メッセージ [#m3c28226]
 #contents
 
 OOoの画面や設定がおかしくなってしまいました。回復するには、どうすれば良いですか。
 ----
 catch (2006-02-28 22:19:34 (火))~
 ~
 画面や設定がおかしくなってしまったとき、ユーザープロファイルを削除すると、OpenOffice.orgを初めてインストールした直後の設定に戻ります。対処法が見つからない現象の場合、とりあえずこれを試してください。~
 ~
 以下の操作では、該当のフォルダが標準では非表示になっているため、Windowsのフォルダオプションの設定を変更する必要があります。まず、以下のURLにあるMicrosoftのサイトの説明をお読みください。この説明は、Windows 2000向けです。Windows XP以降の方は、「コントロールパネル」を開いたら、左のメニューにある「クラシック表示に切り替える」をクリックしてください。~
 ~
 システムファイルも含めてすべてのファイルを表示させる方法~
 http://support.microsoft.com/kb/879707/ja~
 ~
 もし、フォルダオプションを変更したくない場合は、以下の操作でもOKです。~
 +[スタート]ボタンをクリック~
 +[ファイル名を指定して実行]をクリック~
 +&color(red){%AppData%};と入力して[Enter]キーを押下~
 
 として下記「ユーザープロファイルを削除する」の&color(red){Application Data};フォルダまたは&color(red){AppData\Roaming};フォルダ(Viasa以降)を開くことができます。~
 手順1,2はキーボードショートカットとして、[Windows]キー -> [R]キーと読み替えても構いません(Vistaでは[ファイル名を指定して実行]がデフォルトで表示されていません([[''表示方法'':http://windowshelp.microsoft.com/Windows/ja-JP/Help/2515459c-a6ce-4004-90cd-15d7648b61d61041.mspx]])。[アクセサリ]の中にもあります)。
 
 ただし、以下の手順でユーザープロファイルを削除すると、これまでのユーザー設定などは消えてしまいます。~
 もし、慎重に作業するなら、&color(Red){OpenOffice.org2フォルダ、OpenOffice.org 3.0ではOpenOffice.org\3フォルダをコピーしておくか、リネームすることをお薦めします。};~
 削除前と同じ状態にするには、下記の「ユーザー設定ファイル」で紹介している各ファイルを新しいユーザープロファイルのフォルダにコピーしてください。たとえば、user\registry\data\org\openoffice\UserProfile.xcuファイルをコピーすれば、姓名などの設定を引き継ぐことができます。~
 
 ***ユーザープロファイルを削除もしくはリネームする [#o4242526]
 +&color(Red){OpenOffice.orgを終了する(クイック起動を含む)};。→ [[クイック起動を停止するには、どうすればいいですか>http://oooug.jp/faq/?faq/3/157]]
 +次のフォルダを削除します(&color(red){赤字};部分は不可視フォルダで通常見えません)。~
 -- Windows XP/2000とOpenOffice.org 2.xでは、C:\Documents and Settings\(ユーザー名)\&color(red){Application Data};\OpenOffice.org2~
 -- Windows XP/2000とOpenOffice.org 3.xでは、C:\Documents and Settings\(ユーザー名)\&color(red){Application Data};\OpenOffice.org\3~
 -- Windows VistaとOpenOffice.org 3.xでは、C:\ユーザー\(ユーザー名)\&color(red){AppData};\Roaming\OpenOffice.org\3~
 -- Mac OS XのOpenOffice.org3.xでは、
 ---POSIX PATH表記:/Users/(ユーザー名)/Library/Application Support/OpenOffice.org/3
 ---Finder:Macintosh HD:ユーザ:(ユーザー名):ライブラリ:Application Support:OpenOffice.org:3
 -- NeoOffice(Mac OS X) 3.0では
 ---POSIX PATH表記:/Users/(ユーザー名)/Library/Preferences/NeoOffice-3.0
 ---Finder:Macintosh HD:ユーザ:(ユーザー名):ライブラリ:Preferences:NeoOffice-3.0
 -- LinuxなどのUNIX系OSとOpenOffice.org 2.xでは、ホームディレクトリの.openoffice.org2
 -- LinuxなどのUNIX系OSとOpenOffice.org 3.xでは、ホームディレクトリの.openoffice.org/3
 +OOoを再起動すると、初期設定画面が再度表示されます。~
 
 //
 ***3.3からのユーザー設定ファイル [#sd7a7808]
 >M.Kamataki (2011-03-11 23:33:19 (金))~
 ~
 ユーザー設定ファイルは、OpenOffice.org 3.3から大幅に変更されました。3.2.1までのように、複数のxcuファイルに分かれているのではなく、userフォルダ(ディレクトリ)直下に置かれる registrymodifications.xcu まとめられています。~
 ~
 3.3からは、以下で紹介している個別ファイルのリネームあるいは削除では対応できなくなりました。registrymodifications.xcu ファイルを編集するのではなく、潔く同ファイルをリネームあるいは削除しましょう。~
 
 //
 ***3.2.1までのユーザー設定ファイル [#jdc618cd]
 >M.Kamataki (2006-05-31 16:24:15 (水))~
 ~
 各ファイルには下記のような役割があると思われます。これらのファイルを削除したり、ファイル名を変更することでOpenOffice.orgを初期設定に戻すことができます。また、ファイルのコピーを作成しておくことで、設定ファイルに異常が起きた際、復旧の助けとなります。~
  *注意
  この操作は、OpenOffice.orgの動作を不安定にする可能性があります。
  正常に動作しなくなった場合は、前記のユーザー設定全体の削除をおすすめします。
 -user\registry\data\org\openoffice\Setup.xcu~
 Writer、Calcなどの起動時のウインドウの位置、幅、高さなど~
 -user\registry\data\org\openoffice\UserProfile.xcu~
 ユーザープロファイル~
 -user\registry\data\org\openoffice\Office\Common.xcu~
 オプションの共有設定~
 -user\registry\data\org\openoffice\Office\Linguistic.xcu~
 オプションの言語設定~
 -user\registry\data\org\openoffice\Office\UI.xcu~
 オプションのUI設定~
 -user\registry\data\org\openoffice\Office\Compatibility.xcu~
 オプションの互換性設定~
 -user\registry\data\org\openoffice\Office\Calc.xcu~
 オプションのClac設定~
 -user\registry\data\org\openoffice\Office\DataAccess.xcu~
 オプションのデータソース設定~
 -user\registry\data\org\openoffice\Office\Draw.xcu~
 オプションのDraw設定~
 -user\registry\data\org\openoffice\Office\Impress.xcu~
 オプションのImpress設定~
 -user\registry\data\org\openoffice\Office\Math.xcu~
 オプションのMath設定~
 -user\registry\data\org\openoffice\Office\Writer.xcu~
 オプションのWriter設定~
 -user\registry\data\org\openoffice\Office\WriterWeb.xcu~
 オプションのWriterWeb設定~
 -user\registry\data\org\openoffice\Office\Recovery.xcu~
 異常終了時の修復情報~
 -user\registry\data\org\openoffice\Office\Views.xcu~
 ?~
 -user\registry\data\org\openoffice\Office\UI\CalcWindowState.xcu~
 CalcのUI状態~
 -user\registry\data\org\openoffice\Office\UI\DbBrowserWindowState.xcu~
 BaseのUI状態~
 -user\registry\data\org\openoffice\Office\UI\DrawWindowState.xcu~
 DrawのUI状態~
 -user\registry\data\org\openoffice\Office\UI\ImpressWindowState.xcu~
 ImpressのUI状態~
 -user\registry\data\org\openoffice\Office\UI\MathWindowState.xcu~
 MathのUI状態~
 -user\registry\data\org\openoffice\Office\UI\StartModuleWindowState.xcu~
 ?~
 -user\registry\data\org\openoffice\Office\UI\WriterGlobalWindowState.xcu~
 マスタードキュメントのUI状態~
 -user\registry\data\org\openoffice\Office\UI\WriterWebWindowState.xcu~
 HTMLエディタのUI状態~
 -user\registry\data\org\openoffice\Office\UI\WriterWindowState.xcu~
 WriterのUI状態~
 -user\config\javasettings_Windows_x86.xml~
 Java Runtime 環境(JRE)設定ファイル。オプションで設定できなくなったら、このファイルを削除するか、リネームすると良い~
 
 //
 ***Basic関連ファイル [#t9d25a5c]
 >M.Kamataki(2006-11-19 13:02:53 (日))~
 ~
 -user\basic~
 Basicの関連ファイルが収納されているフォルダ(ディレクトリ)~
 ~
 ※当項目は書きかけです。おわかりになる方は、書き加えていただけると助かります。~
 
 //
 ***色の設定 [#r1005678]
 >soc (2007-03-28 17:24:32 (水))~
 ~
 -\user\config\standard.soc~
 
 //
 ***イベントへのマクロの割り当て設定 [#eb9528a8]
 >M.Kamataki (2007-06-05 23:58:25 (火))~
 ~
 -user\registry\data\org\openoffice\Events.xcu~
 <~
 >~
 なぜかイベントへのマクロの割り当て設定が削除できなかったり、また「Scripting Framework エラー」が表示されるときがある。このファイルを削除するかリネームすると解消。~
 
 //
 #article
 //#comment