* ATOKで単語登録ショートカットの文字認識が行われない。 [#b0b9741d]
 |RIGHT:|LEFT:|c
 |~ページ|[[OpenOffice.org FAQの登録ページ]]|
 |~投稿者|TTC|
 |~分類|#listbox3(Q&A,faq03,class)|
 |~優先順位|#listbox3(重要,faq03,priority)|
 |~状態|#listbox3(回答中,faq03,state)|
 |~カテゴリー|#listbox3(Writer ワープロ,faq03,category)|
 |~投稿日|2010-12-16 00:22:32 (木)|
 |~OS|7|
 |~依存するページ||
 |~バージョン|#listbox3(3.2.1,faq03,version)|
 
 //////////バグ対策(以降マッチさせない)
 
 ** メッセージ [#ndec56d2]
 |LEFT:|c
 |回答ページでは行末に「~」を付加する必要はありません|
 【症状】~
 ATOKには、単語登録機能があり(それはダイアログに登録したい文字と、読み方を入力するものなのですが、)それは、文字選択してCtrl+F7をおすだけで、登録したい文字がダイアログに入った状態で、あとは読み方を入力するだけという便利なショートカットがあります。~
 Ms-Wordでは、この機能は問題なくうごきます。しかしWriterでは機能しません。~
 具体的には、おそらくこの機能は、文字選択をしてCtrl+F7をおせば、選択箇所が自動的にコピーされ、自動的に登録したい文字にペーストされる物なのですが、Writerでは、「クリップボードに残っている、最後のコピー内容」が貼り付けられてしまうのです。~
 
 つまり、~
 コピー → クリップボードに保存 → ダイアログ生成 → 登録したい文字欄にペースト ~
 というマクロが、おそらくCtrl+F7に存在するのでしょうが、最初の【コピー】が、writerでは反応しないのです。~
 なぜ、そうわかるのかというと、writer上でこの機能を使うと、最後のクリップボードに保存された内容が表示されるからです。~
 現状では、wordでは難なく使えるにもかかわらず、writerでは、「一度、手作業でコピーをして」という作業が必要になります。~
 ~
 これについて、解決策はありますでしょうか。現状でないのであれば、次の更新で対応していただけると、大変たすかります。~
 
 ----
 ***ショートカットキーの割り当て [#e4561d53]
 >M.Kamataki (2010-12-16 11:02:38 (木))~
 ~
 ATOKを利用していないので、正確な回答ではないかもしれませんが、ショートカットキーの割り当てがOpenOffice.orgとかぶっているのが原因でしたら、ATOKかOpenOffice.orgかどちらかの割り当てを変更してみてはどうでしょうか。~
 ~
 OpenOffice.orgの場合は、「ツール」-「カスタマイズ」でダイアログを表示し、「キーボード」タブでショートカットキーの「Ctrl+F7」を探し「削除」ボタンをクリックします。これで割り当てられている「類義語辞典」の機能は使えなくなります。下図を参照してください。~
 ~
 &attachref(faq6_102_01.jpg,nolink);~
 ~
 できればATOKの割り当ての変更も試してみてください。上の図を見ると「Ctrl+F5」が空いているので、このショートカットキーを利用するのが良いと思います。~
 ~
 もし、解決しない場合ですが、ATOKユーザーでないと正確な回答が難しいので、OpenOffice.org日本ユーザー会のメーリングリスト(openoffice@freeml.com)などでお聞きください。当サイトよりは多くのOpenOffice.orgユーザーの方が目にするので、有用な回答が得られるかもしれません。~
 ~
 ちなみにわたしが使っているMS IME、Google日本語入力、Baidu Typeで日本語モードをオンにして、Ctrl+F7を使うと類義語辞典が起動してしまいました(選択された文字が英語の場合で、日本語では類義語辞典は起動しません)。たぶんこれらのIMEは、Ctrl+F7には何も割り当てられていないと思いますが。~
 
 //
 ***まだ解決しません [#r5acedb1]
 >TTC (2010-12-16 16:41:02 (木))~
 ~
 M.Kamataki さん ご回答ありがとうございます。~
 結論として、解決しておりません。~
 ~
 Writer,Openofficeともに割り当てられていないShift+F3で、アドバイスの通り、試しましたが、症状は同じままでした。~
 ~
 邪推ですが、Writerにフォーカスが入っている場合に、キーボードショートカットキーが押された場合、「IMEに割り当てられたショートカットキーをまず【排他的】にチェックして、そこをクリアして初めてwriter自身のショートカットキーの有無を検討しているのか、と感じました。~
 これは、Ctrl+BをATOKに割り当てて実験したときに、太字にならず、登録ダイアログ(症状変わらず)が機動したことから、そう感じました。~
 ATOK特有の問題なのか、Writer自身の問題か、振り分けたいので、ATOK以外の環境で、ショートカットキーが競合した場合におなじ症状がでるか、どなたか実験していただると助かるのですが・・・~
 ~
 なお、【排他的に】というのは、選択文字領域を認識しないことから、IMEとwriterが完全に分離されているのではないかと感じるためです。~
 ~
 従って、最初の投稿した、ふろーちゃーとを以下のように修正します。~
 ~
 「選択文字列」をコピー → クリップボードに保存 → ダイアログ生成 → 登録したい文字欄にペースト~
 ~
 Windowsの機能として、「文字を選択していない場合」にコピーボタンを押しても「最後のクリップボードの情報がNullにならない」ため、writer上では、CtrlCのマクロは機能しているけれども、「文字列が選択されていることが認識されない」ため、最後に文字を選択してコピー(CtrlC)をした段階の内容が、登録ダイアログにペーストされているのではないか~
 という実感を今はもっています。~
 ~
 解決策を募集致します。~
 
 //
 ***微訂 [#oa9c0b97]
 >TTC (2010-12-16 16:43:08 (木))~
 ~
 Windowsの機能として、「文字を選択していない場合」にコピーボタンを押しても「最後のクリップボードの情報がNullにならない」ため~
 ↓~
 Windowsの機能として、「文字を選択していない場合」にコピーボタンを押しても「クリップボードに何も記録されない」ため~
 
 //
 ***Writer側の操作としては [#cadb339e]
 >M.Kamataki (2010-12-16 17:16:52 (木))~
 ~
 今までの情報からは、Writer上のショートカット操作をCtrl+C、Ctrl+F7の順番で実行すれば良いようですが、どうでしょうか。~
 ~
 2アクションではなく、1アクションにしたい場合ですが、選択文字列をクリップボードにコピーする、ATOKの単語登録ダイアログを呼び出すAPI関数(が存在するなら)を呼び出すという順序のマクロを組んで、Shift+F3など空いているショートカットキーに割り当てるなどの方法が考えられますね。~
 
 //
 ***ATOKの開発資料 [#add9871d]
 >M.Kamataki (2010-12-16 17:49:42 (木))~
 ~
 以下を見ると、API関数はC言語用のようです。OpenOffice.org Basicでは無理ですね。~
 ~
 http://www.justsystems.com/jp/tech/atok/api_00.html~
 
 //
 ***MS IMEでは [#t04a03ae]
 >M.Kamataki (2010-12-16 18:29:19 (木))~
 ~
 >ATOK以外の環境で、ショートカットキーが競合した場合におなじ症状がでるか、~
 >どなたか実験していただると助かるのですが・・・~
 ~
 MS IMEで以下のページを参考にCtrl+F7に単語登録を割り当ててみました。~
 ~
 単語登録のダイアログボックスが[Ctrl]+[F7]キーで開くようにキーカスタマイズする~
 http://pc.nikkeibp.co.jp/article/technique/20090825/1018065/~
 ~
 結果はATOKと同じ症状になりました。Ctrl+C、Ctrl+F7の順に操作すれば、語句欄に選択文字が表示されます。~
 
 //
 ***ありがとうございます。 [#t145932c]
 >TTC (2011-01-12 19:10:22 (水))~
 ~
 Kamataki さん。~
 すっかり連絡が遅くなりました。~
 ご対応ありがとうございます。~
 ~
 2アクションで行うことはこちらも可能です。~
 1アクションは、初期設定では対応していないという結論になりそうでsね。~
 ~
 順序が逆になるような設定が出来ればよいのですが、~
 設定が出来ないとなると、仕様ということになりましょうか…~
 
 //
 #article