「Web出版サイト」ベータ公開

Q&A集[?]

当サイトでのご質問の受付は終了しました

すべてのコンテンツを読み込み専用としたため、回答欄からも投稿できません

Apache OpenOffice/LibreOfficeのご質問はそれぞれのフォーラムへご投稿ください

質問コーナー

サイト内検索

分類メニュー

関連サイト


本日:1
昨日:0
総数:4011
現在:2


ルビと親文字との間隔について

ページOpenOffice.org FAQの登録ページ
投稿者こんご
分類
edit/refer
優先順位
edit/refer
状態
edit/refer
カテゴリー
edit/refer
投稿日2008-08-02 10:30:50 (土)
OSxp,ubuntu
依存するページIssue #85422
バージョン
edit/refer

メッセージ

回答ページでは行末に「~」を付加する必要はありません

 Writerにおけるルビについてです。

 ルビに関するQ&Aをみていろいろと調整をしていたのですが、ページスタイルを用いる方法でルビ文字の最大サイズを大きめに取ることで親文字に近づいているようにみせる(前の行より親文字に近くする)事が出来ることはわかったのですが、この方法だとページスタイルなので、本文以外の見出しや引用の段落にまで不必要なルビ用の間隔があいてしまい見栄えを気にする文書で実用する事は不可能かと思います。

 段落スタイルという便利な機能があるのですから段落スタイルによってルビと親文字との間隔が行えてしかるべきだと思うのですが、実際この機能は無いのでしょうか。

 本文スタイルの行間を固定幅として大きめに取ることでページスタイルと似たような効果(前の行よりは親文字に近い位置にルビを配置させる)はだせますが、(私は1.1の頃から何年もこの方法で本を書いてました。)実際の所、もっと親文字にくっつくくらいのところまでルビを持ってきたいのです。ルビの見た目の為にやたらと広く行間を固定幅で持たせると頁数が増えてしまってコスト高になってしまいますから……。 以下の画像は段落スタイルで固定幅に設定したものです。これより固定幅を狭くすると親文字より前の行に近づいてしまいます。ルビが親文字と離れすぎなのです。

ruby.png

行間のリード

M.Kamataki (2008-08-02 14:07:20 (土))

Writerでは、2.0以降「行数と文字数」の設定が「標準の文字数を使う」のとき、自動的に行間にリード(空きスペース)を挿入します。このリードがある限り行間を0にはできません。ただ、オプションで無効にできます。

>本文スタイルの行間を固定幅として大きめに取る...

ということは、「標準の文字数を使う」の設定だと思います。以下のようにして、行間にリードを入れないようにすると改善するのではないでしょうか。

1.「ツール」-「オプション」でオプション画面を表示
2.「OpenOffice.org Writer」−「互換」を選択
3.「テキストの行間にリード(余分なスペース)を入れない」にチェック
4.「OK」ボタンをクリック

参考:
行間のリード
http://oooug.jp/faq/index.php?faq/3/8#f997d045

かもめの開発2007

Tora (2008-08-02 15:18:30 (土))

M.Kamataki さんや私、その他にも多くのメンバーで行ったプロジェクト

かもめの開発2007 プロジェクト
http://jsdp2007.net/

開発項目「縦書き時のふりがな位置の改善」において、ルビの位置ずれの改善に加えて、ルビを親文字にくっつける改良も行っています。

ルビと親文字との間隔については、OpenOffice.org 2.0 で Visual Class Library (VCL) にて、親文字が日本語文字の場合その文字の高さの 30% に相当する長さを強制的に空けてしまうような機能追加がなされました。さらに、ルビの文字の位置をそれ自体の領域で「中央揃え」してしまうという、設計上の勘違いがあります。これらの点が重なって、期待外れな程度まで、ルビと親文字が離れてしまっています。

その親文字の高さの 30% 相当分については、OpenOffice.org 2.0 で導入された互換性オプション『テキストの行間にリード(余分なスペース)を入れない』オプションにチェックを付けることによって、解消できます。
しかしながら、ルビの位置については、相変わらずそのルビの領域において縦書きの場合には「中央揃え」になっているため、親文字にルビが完全にはくっつきません。

そこで、本プロジェクトにおいては、そのオプションのオン/オフに係わらず、根本的な改善を行い、親文字のすぐ横にルビ文字を配置するように改良しています。

まずは、試してみては、いかがでしょうか。
ご感想やさらなる改良に向けたご意見・ご提案などをいただけましたら幸いです。

解決しました!

こんご (2008-08-02 15:53:53 (土))

Kamataki様
リードをいれないよう設定した所、問題が解決しました!
ほぼ諦めていた問題だったのですが、諦めずに聞いてみて良かったです。
長年の疑問が解決しました。

これで見栄えも良くなり、頁数の削減も出来ました。
大変助かりました。ありがとうございます。

ruby2.png

了解しました。

こんご (2008-08-02 16:01:58 (土))

Tora様
 情報ありがとうございます。
 かもめの開発2007プロジェクトの存在は知っていましたが、なんとなく過去の文書の体裁が崩れたら困るなぁと思って導入していませんでした。試してみます。

(1.1で作成した文書が2.xになった時、かなり崩れてしまった事があって、バージョンアップ等には慎重になってしまいます。novel版の2.0.2は1.1の文書がほとんど崩れなかったので助かったのですが、2.1になるとnovel版も崩れてしまう症状が出てしまいました…。今は1.1の文書を手で直して、全部odtにしました。)

かもめの開発版

M.Kamataki (2008-08-02 17:51:47 (土))

で作成すると下図のような感じになります。行間のリードに関するオプションはもちろんいじっていません。なお、下図のサンプル(faq4_1186_sample.odt)も添付しますが、通常のWriterで読むと当然ながら、不具合が生じます。(出先から戻ったのでかもめの開発版でチェックしてみました)

faq4_1186_sample.png

補足

M.Kamataki (2008-08-02 18:01:57 (土))

独自ビルドプロジェクトのバイナリを利用すれば、個人的に「かもめの開発2007」のパッチを適用する必要はありません。

OpenOffice.org 独自ビルドプロジェクト
http://waooo.sourceforge.jp/wiki/

独自ビルド版使ってみました。

こんご (2008-08-05 16:11:30 (火))

 執筆用とは別のPCに入れてみました。

 ページスタイルの「行数と文字間を指定する」を使用した場合、配置>文字の配置>基線を指定しなくてもルビをふった際に行が崩れる事も無く、これなら初心者でも困る事は少ないんじゃないでしょうか。

 ページスタイルで「標準の文字数を使う」を使用した場合も、段落スタイルで行間を少し広げてあげればルビのある行と無い行で間隔が異なる事もありませんし、通常状態のWriterより縦書き&ルビが楽になっていると思います。

 私の作成した文書は行間指定と基線指定が段落スタイルに入っているので、行間にリードを入れないの指定をするだけで解決はしていますが、こうしたわかりやすい環境が一般化すればWriterで日本語の文章を書く人が増えると思います。

公式版に取り込まれるために

M.Kamataki (2008-08-06 12:05:22 (水))

こんごさん、コメントありがとうございます。「かもめの開発」版や独自ビルド版で適用しているパッチは、以下のIssueに登録されています。公式版に取り込まれるためには投票やCCが必要です。「使い方/不具合・要望を出す」の「5.実装を待ちます。」をご覧いただきご検討ください。

Text-to-text alignment Middle does not lay Asian characters in the middle. :
http://ja.openoffice.org/issues/show_bug.cgi?id=85422

なお、当ページはIssue登録済みにします。

お名前:
題名:


添付ファイル: filefaq4_1186_sample.odt 829件 [詳細] filefaq4_1186_sample.png 693件 [詳細] fileruby2.png 1165件 [詳細] fileruby.png 1185件 [詳細]