「Web出版サイト」ベータ公開

Q&A集[?]

当サイトでのご質問の受付は終了しました

すべてのコンテンツを読み込み専用としたため、回答欄からも投稿できません

Apache OpenOffice/LibreOfficeのご質問はそれぞれのフォーラムへご投稿ください

質問コーナー

サイト内検索

分類メニュー

関連サイト


本日:1
昨日:0
総数:800
現在:3


初期設定を保持するファイル

ページOpenOffice.org FAQの登録ページ
投稿者シンタロウ
分類
edit/refer
優先順位
edit/refer
状態
edit/refer
カテゴリー
edit/refer
投稿日2008-10-02 00:23:18 (木)
OSWindows XP
依存するページ
バージョン
edit/refer

メッセージ

回答ページでは行末に「~」を付加する必要はありません

初めまして、質問を投稿します。

作成したテンプレートを「標準テンプレート」として設定した後に、 テンプレートを使用していない元の状態に戻す時、
下図の「プレゼンテーション」を選択すると思います。

image.JPG

この「プレゼンテーション」の設定を保持している設定ファイルはどこにあるか教えて下さい。
(各アプリケーションの初期設定を保持しているファイルの事です。)

この設定を変更できればテンプレートを作成しなくとも起動時にカスタマイズされた 状態で開けると思いまして。。

よろしくお願いします。

※ちなみに、テンプレートを作成して保存した時、 下記のフォルダにファイルが格納されると認識しています。
C:\Documents and Settings\(ユーザー名)\Application Data\OpenOffice.org2\user\template


各アプリケーションの設定ファイル

M.Kamataki (2008-10-02 12:24:50 (木))

ということであれば、faq/1/202「OOoの画面や設定がおかしくなってしまいました。」で紹介した設定ファイルということになります。しかし、これらのファイルを利用するよりもテンプレートのほうがはるかに楽ではないでしょうか。おそらく設定ファイルでは実現できない(情報がないことも含めて)ことのほうが多いと思います。

なお、テンプレートを使ったカスタマイズを楽に行うために拡張機能にするという方法もあります。以下のWebページで紹介されています。

Non-code extensions ja
http://wiki.services.openoffice.org/wiki/Non-code_extensions_ja

関連して

M.Kamataki (2008-10-02 12:36:54 (木))

faq/1/202で紹介した設定ファイルを利用して拡張機能にする例はすでに公開されています。実際には設定ファイルを用意する環境にインストールされたOpenOffice.orgで雛形を作成し、上記の「Non-code extensions ja」ページで紹介された方法で拡張機能にするというものです。

以下のWebページでは、オートコレクトをオフにする例で紹介されています。オートコレクトのオフはテンプレートでは実現できないものです。

Extensions/Configuration
http://hermione.s41.xrea.com/pukiwiki/pukiwiki.php?Extensions%2FConfiguration

このようにテンプレートと設定ファイルのカスタマイズを組み合わせないと難しいです。(実は作りかけのものがあるのですが。。。 ドキュメント化が遅れていまして。。。)

はにゃ?さんのOOoBasicサイトで、拡張機能関係の情報は以下のページにまとめられています。こちらから情報を探すと役に立つと思います。

http://hermione.s41.xrea.com/pukiwiki/pukiwiki.php?Extensions

Writer の設定なら

はにゃ? (2008-10-02 13:42:26 (木))

Writer 用のテンプレートを変更する方法であれば以下に記載があります。
http://hermione.s41.xrea.com/pukiwiki/index.php?Extensions%2FMultiComp1

Impress であれば Setup.xcu を次のようにします。

<?xml version="1.0"?>
<oor:component-data 
xmlns:oor="http://openoffice.org/2001/registry" 
xmlns:install="http://openoffice.org/2004/installation" 
xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" 
xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" 
oor:name="Setup" 
oor:package="org.openoffice">
 <node oor:name="Office">
  <node oor:name="Factories">
   <node oor:name="com.sun.star.presentation.PresentationDocument" oor:op="fuse">
    <prop oor:name="ooSetupFactoryTemplateFile" oor:type="xs:string">
     <value>%origin%/template/files/ImpressDefault.otp</value>
    </prop>
    </node>
  </node>
 </node>
</oor:component-data>

各アプリケーションの初期設定を保持しているファイル

Tora (2008-10-03 16:56:34 (金))

ご質問の内容は、もしかして、Microsoft Office 2003 などにおける以下のファイルに相当するファイルなどが、OpenOffice.org の場合ではどこにありますか。

C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Microsoft\Templates\ に通常置かれる、
・PowerPoint では、blank.pot
・Excel では、Book.xlt や Sheet.xlt
・Word では、Normal.dot

というご質問と捉えてよろしいでしょうか。

もし、そうだといたしますと、
お答えとしては、『OpenOffice.org には、そのようなファイルはありません。』ということになるかと思います。

では、どうすればよいのでしょうか。という疑問が湧くかと思います。
それに対するお答えは、すでにご存知の通り、テンプレートファイルとして設定してください。ということかと思います。

技術的な背景といたしましては、以下のフォルダにあります Setup.xcu (「ワードパッド」などで編集可能なテキストファイル)に記述があります。
C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\OpenOffice.org2\user\registry\data\org\openoffice

1.テンプレート用のドキュメントを作成する。
2.「ファイル」「ドキュメントテンプレート」「保存」
3.「自分のテンプレート」が選択されている状態で、「新しいドキュメントテンプレート」にてそのドキュメントに名前を付けて、〔OK〕
4.「ファイル」「ドキュメントテンプレート」「管理」
5.「自分のテンプレート」をダブルクリック
6.手順3で保存したテンプレートを右クリックし、「標準テンプレートとして設定」し、〔閉じる〕
7.そのアプリケーションを一旦閉じる。

すると、Setup.xcu に、以下のような行が挿入されます。

   <prop oor:name="ooSetupFactoryTemplateFile" oor:type="xs:string">
    <value>$(user)/template/xxxxx.otp</value>
   </prop>


ここで、$(user) とは、「ツール」「オプション」「OpenOffice.org」「パス」で表示されている以下のパス名を意味しています。
(余談)ずいぶんと昔のバージョンのOpenOffice.orgでは、そのダイアログ内でこのパスを変更できましたが、、、めちゃくちゃな値へ変更してしまったために OpenOffice.org を起動できなくなってしまうなどの事例が見受けられたので、最近の OpenOffice.org のバージョンでは $(user) の設定値を同ダイアログ上で変更できる項目から除外されているようです。
C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\OpenOffice.org2\user

上記のダイアログ内の「テンプレート」の設定値が、$(user)/template/ となっているというわけです。
すでにおわかりの通り、そのファイル Setup.xcu を「ワードパッド」などで手作業で編集するのと、OpenOffice.org のメニューから操作するのと、結果的には同じことになりますので、できれば、作業ミスなどを起こしにくいであろうメニューなどからの操作の方をお勧めしたいです。

なお、標準のテンプレートとして設定されているファイルを、標準のテンプレートとしての設定を解除する前に削除してしまうと、新規作成時に faq/4/1117 のような警告が表示されるようになってしまいますので、ご注意を。


使い方として、Impress においては、Writer や Calc とは、少々動作が異なり、あるテンプレートファイルを Impress 用の標準のテンプレートとして設定しても、

規定の設定では、
1.「ファイル」「新規作成」「プレゼンテーション」を選択すると、ウィザードが表示されます。
2.そのウィザード内の「自分のテンプレート」の中の選択肢として、設定したテンプレートが表示されます。
3.ただし、Impress 上で、Ctrl-N キーを押すと、ウィザードは表示されずに、直接、標準のテンプレートとして設定されたテンプレートで開始します。

設定を以下のような手順などで変更すると、
1.「ツール」「オプション」「OpenOffice.org Impress」「全般」
2.「新しいドキュメント」の「ウィザードで開始」(規定値ではチェックが付いている)のチェックを外し、〔OK〕
3.「ファイル」「新規作成」「プレゼンテーション」を選択すると、今度は、ウィザードは表示されずに、標準のテンプレートとして設定されたテンプレートで開始します。

お名前:
題名:


添付ファイル: fileimage.JPG 337件 [詳細]