「Web出版サイト」ベータ公開

Q&A集[?]

当サイトでのご質問の受付は終了しました

すべてのコンテンツを読み込み専用としたため、回答欄からも投稿できません

Apache OpenOffice/LibreOfficeのご質問はそれぞれのフォーラムへご投稿ください

質問コーナー

サイト内検索

分類メニュー

関連サイト


本日:1
昨日:0
総数:3204
現在:4


Baseでクロス集計を行うには

ページOpenOffice.org FAQの登録ページ
投稿者M.Kamataki
分類
edit/refer
優先順位
edit/refer
状態
edit/refer
カテゴリー
edit/refer
投稿日2008-03-14 16:10:04 (金)
OSAll
依存するページ
バージョン
edit/refer

メッセージ

回答ページでは行末に「~」を付加する必要はありません

Accessにはクロス集計ウィザードがあり、データベースのテーブルを基にした集計を簡単に行うことができます。

Baseで、クロス集計を行うことはできるのでしょうか。


Calcのデータパイロット機能を利用します

M.Kamataki (2008-03-14 16:29:32 (金))

Baseにはクロス集計機能はありません。しかし、CalcのデータパイロットがBaseで登録されたデータソースを扱えます。データパイロットはGUIを備えているので、クロス集計を簡単な操作で実現できます。

サンプルとして学校の成績表をデータベースにしたものを用意しました。

file成績表.odb

サンプルをダウンロードしたら、[ツール]−[オプション]で設定ダイアログを表示し、[OpenOffice.org Base]−[データベース]カテゴリで、[新規作成]ボタンをクリックしてダウンロードした「成績表.odb」をデータソースに登録してください。なお、お使いのBaseでデータベースウィザードのステップ2「保存して実行」の画面で、「はい、登録します」がチェックされていれば自動的にデータソースへ登録されます。

Calcを起動したら、[データ]−[データパイロット]−[呼び出す]を選択します。「ソースの選択」ダイアログが表示されたら、下図のように「OpenOffice.orgに登録したデータソース」を選んで、[OK]ボタンをクリックします。

dp01.png

「データソースの選択」ダイアログが表示されたら、下図のようにデータベース欄に「成績表」、種類欄に「テーブル」が選択されているのを確認し、データソース欄に「成績表」を選び(HSQLDB形式を利用の際、接続が切れているとテーブルが表示されるまで少々時間がかかります)、[OK]ボタンをクリックします。

dp02.png

データパイロットが起動します。今回は下図のように、組や性別ごとに国語、算数、理科、社会の平均点を求める設定にします。

dp03.png

設定を終え、[OK]ボタンをクリックすると、Calcの表に下図のようなクロス集計の結果が表示されます。

dp04.png

「データソースの選択」ダイアログでは、「テーブル」のほかに、「クエリー」「Sql」「Sql[Native]」を選択できます。コード化されたデータを持つテーブルの場合は、クエリーをあらかじめ用意しておくなどの工夫もできます。また、Calcに結果を表示できるので、グラフ化することも可能です。

OpenOffice.orgはオフィススイートです。データベース単体で実現できない機能もありますが、CalcやWriterとの連携で、集計、レポート作成などができる設計になっています。

お名前:
題名:


添付ファイル: filedp04.png 485件 [詳細] filedp03.png 529件 [詳細] filedp02.png 497件 [詳細] filedp01.png 487件 [詳細] file成績表.odb 1409件 [詳細]