「Web出版サイト」ベータ公開

Q&A集[?]

当サイトでのご質問の受付は終了しました

すべてのコンテンツを読み込み専用としたため、回答欄からも投稿できません

Apache OpenOffice/LibreOfficeのご質問はそれぞれのフォーラムへご投稿ください

質問コーナー

サイト内検索

分類メニュー

関連サイト


本日:1
昨日:0
総数:13495
現在:3


OOoの画面や設定がおかしくなってしまいました。

メッセージ

OOoの画面や設定がおかしくなってしまいました。回復するには、どうすれば良いですか。


catch (2006-02-28 22:19:34 (火))

画面や設定がおかしくなってしまったとき、ユーザープロファイルを削除すると、OpenOffice.orgを初めてインストールした直後の設定に戻ります。対処法が見つからない現象の場合、とりあえずこれを試してください。

以下の操作では、該当のフォルダが標準では非表示になっているため、Windowsのフォルダオプションの設定を変更する必要があります。まず、以下のURLにあるMicrosoftのサイトの説明をお読みください。この説明は、Windows 2000向けです。Windows XP以降の方は、「コントロールパネル」を開いたら、左のメニューにある「クラシック表示に切り替える」をクリックしてください。

システムファイルも含めてすべてのファイルを表示させる方法
http://support.microsoft.com/kb/879707/ja

もし、フォルダオプションを変更したくない場合は、以下の操作でもOKです。

  1. [スタート]ボタンをクリック
  2. [ファイル名を指定して実行]をクリック
  3. %AppData%と入力して[Enter]キーを押下

として下記「ユーザープロファイルを削除する」のApplication DataフォルダまたはAppData\Roamingフォルダ(Viasa以降)を開くことができます。
手順1,2はキーボードショートカットとして、[Windows]キー -> [R]キーと読み替えても構いません(Vistaでは[ファイル名を指定して実行]がデフォルトで表示されていません(表示方法)。[アクセサリ]の中にもあります)。

ただし、以下の手順でユーザープロファイルを削除すると、これまでのユーザー設定などは消えてしまいます。
もし、慎重に作業するなら、OpenOffice.org2フォルダ、OpenOffice.org 3.0ではOpenOffice.org\3フォルダをコピーしておくか、リネームすることをお薦めします。
削除前と同じ状態にするには、下記の「ユーザー設定ファイル」で紹介している各ファイルを新しいユーザープロファイルのフォルダにコピーしてください。たとえば、user\registry\data\org\openoffice\UserProfile.xcuファイルをコピーすれば、姓名などの設定を引き継ぐことができます。

ユーザープロファイルを削除もしくはリネームする

  1. OpenOffice.orgを終了する(クイック起動を含む)。→ クイック起動を停止するには、どうすればいいですか
  2. 次のフォルダを削除します(赤字部分は不可視フォルダで通常見えません)。
    • Windows XP/2000とOpenOffice.org 2.xでは、C:\Documents and Settings\(ユーザー名)\Application Data\OpenOffice.org2
    • Windows XP/2000とOpenOffice.org 3.xでは、C:\Documents and Settings\(ユーザー名)\Application Data\OpenOffice.org\3
    • Windows VistaとOpenOffice.org 3.xでは、C:\ユーザー\(ユーザー名)\AppData\Roaming\OpenOffice.org\3
    • Mac OS XのOpenOffice.org3.xでは、
      • POSIX PATH表記:/Users/(ユーザー名)/Library/Application Support/OpenOffice.org/3
      • Finder:Macintosh HD:ユーザ:(ユーザー名):ライブラリ:Application Support:OpenOffice.org:3
    • NeoOffice(Mac OS X) 3.0では
      • POSIX PATH表記:/Users/(ユーザー名)/Library/Preferences/NeoOffice-3.0
      • Finder:Macintosh HD:ユーザ:(ユーザー名):ライブラリ:Preferences:NeoOffice-3.0
    • LinuxなどのUNIX系OSとOpenOffice.org 2.xでは、ホームディレクトリの.openoffice.org2
    • LinuxなどのUNIX系OSとOpenOffice.org 3.xでは、ホームディレクトリの.openoffice.org/3
  3. OOoを再起動すると、初期設定画面が再度表示されます。

3.3からのユーザー設定ファイル

M.Kamataki (2011-03-11 23:33:19 (金))

ユーザー設定ファイルは、OpenOffice.org 3.3から大幅に変更されました。3.2.1までのように、複数のxcuファイルに分かれているのではなく、userフォルダ(ディレクトリ)直下に置かれる registrymodifications.xcu まとめられています。

3.3からは、以下で紹介している個別ファイルのリネームあるいは削除では対応できなくなりました。registrymodifications.xcu ファイルを編集するのではなく、潔く同ファイルをリネームあるいは削除しましょう。

3.2.1までのユーザー設定ファイル

M.Kamataki (2006-05-31 16:24:15 (水))

各ファイルには下記のような役割があると思われます。これらのファイルを削除したり、ファイル名を変更することでOpenOffice.orgを初期設定に戻すことができます。また、ファイルのコピーを作成しておくことで、設定ファイルに異常が起きた際、復旧の助けとなります。

*注意
この操作は、OpenOffice.orgの動作を不安定にする可能性があります。
正常に動作しなくなった場合は、前記のユーザー設定全体の削除をおすすめします。
  • user\registry\data\org\openoffice\Setup.xcu
    Writer、Calcなどの起動時のウインドウの位置、幅、高さなど
  • user\registry\data\org\openoffice\UserProfile.xcu
    ユーザープロファイル
  • user\registry\data\org\openoffice\Office\Common.xcu
    オプションの共有設定
  • user\registry\data\org\openoffice\Office\Linguistic.xcu
    オプションの言語設定
  • user\registry\data\org\openoffice\Office\UI.xcu
    オプションのUI設定
  • user\registry\data\org\openoffice\Office\Compatibility.xcu
    オプションの互換性設定
  • user\registry\data\org\openoffice\Office\Calc.xcu
    オプションのClac設定
  • user\registry\data\org\openoffice\Office\DataAccess.xcu
    オプションのデータソース設定
  • user\registry\data\org\openoffice\Office\Draw.xcu
    オプションのDraw設定
  • user\registry\data\org\openoffice\Office\Impress.xcu
    オプションのImpress設定
  • user\registry\data\org\openoffice\Office\Math.xcu
    オプションのMath設定
  • user\registry\data\org\openoffice\Office\Writer.xcu
    オプションのWriter設定
  • user\registry\data\org\openoffice\Office\WriterWeb.xcu
    オプションのWriterWeb設定
  • user\registry\data\org\openoffice\Office\Recovery.xcu
    異常終了時の修復情報
  • user\registry\data\org\openoffice\Office\Views.xcu

  • user\registry\data\org\openoffice\Office\UI\CalcWindowState.xcu
    CalcのUI状態
  • user\registry\data\org\openoffice\Office\UI\DbBrowserWindowState.xcu
    BaseのUI状態
  • user\registry\data\org\openoffice\Office\UI\DrawWindowState.xcu
    DrawのUI状態
  • user\registry\data\org\openoffice\Office\UI\ImpressWindowState.xcu
    ImpressのUI状態
  • user\registry\data\org\openoffice\Office\UI\MathWindowState.xcu
    MathのUI状態
  • user\registry\data\org\openoffice\Office\UI\StartModuleWindowState.xcu

  • user\registry\data\org\openoffice\Office\UI\WriterGlobalWindowState.xcu
    マスタードキュメントのUI状態
  • user\registry\data\org\openoffice\Office\UI\WriterWebWindowState.xcu
    HTMLエディタのUI状態
  • user\registry\data\org\openoffice\Office\UI\WriterWindowState.xcu
    WriterのUI状態
  • user\config\javasettings_Windows_x86.xml
    Java Runtime 環境(JRE)設定ファイル。オプションで設定できなくなったら、このファイルを削除するか、リネームすると良い

Basic関連ファイル

M.Kamataki(2006-11-19 13:02:53 (日))

  • user\basic
    Basicの関連ファイルが収納されているフォルダ(ディレクトリ)

    ※当項目は書きかけです。おわかりになる方は、書き加えていただけると助かります。

色の設定

soc (2007-03-28 17:24:32 (水))

  • \user\config\standard.soc

イベントへのマクロの割り当て設定

M.Kamataki (2007-06-05 23:58:25 (火))

  • user\registry\data\org\openoffice\Events.xcu

なぜかイベントへのマクロの割り当て設定が削除できなかったり、また「Scripting Framework エラー」が表示されるときがある。このファイルを削除するかリネームすると解消。

お名前:
題名: