11月のカレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
最近の日記
全体の新着
各月の日記
ユーザーRSS
M.Kamatakiさんの公開日記
03月07日
10:33

【再びメモ帳侮り難し】(M.Kamatakiさん-2010-03-06 00:04:18) でWindows XPでも異体字を表示できることを書きましたが、異体字セレクタのコードを異体字が含まれる文字の後ろに挿入すれば、「gdi++.dll」[1]経由で起動したメモ帳上で「JIS2004」の字体から「JIS2000」へ切り替わることを確認しました。

写真1は、Windows XPで入力した「JIS2000」と「JIS2004」の字体の比較です。写真1の「JIS X 0213:2000」の一覧のうち、蟹、卿、櫛、牽、膏、漣、煉、屢、棘、橙、祟、靄の文字は異体字セレクタを後置しても異体字が表示されませんでした。中には蟹や祟のようにどこが変更されたのか判別しにくいと指摘されてる文字も含まれています[2]。

なお、「gdi++.dll」のgdi++.iniファイルを変更して、少しIPAexフォントを見やすくしたものを以下に紹介しておきます。ゴシックは見やすくなったと思いますが、明朝はまだまだです。

[General]
AlternativeFile=.\ini\0.ini

[GdiTray]
MultiINISelector=1
RedrawDelay=50
CoolMenu=1

[Individual]
IPAex明朝=0,-1,0,0,0,0
IPAexゴシック=0,-1,0,0,0,0

[1]gdi++.dll @ wiki
http://www18.atwiki.jp/gdiplus2/pages/1.html
[2]http://ja.wikipedia.org/wiki/JIS_X_0213#JIS_X_0213:2004.E...
公開日記トップへ
oooug-jp SNS

●サイドメニュー

  • 公開日記
  • >公開日記はログインしなくても読めます

http://www.ospn.jp/

inetd