6月のカレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
最近の日記
全体の新着
各月の日記
ユーザーRSS
pazさんの公開日記
09月19日
17:11
9月10日、11日の2日間に渡って開催されたオープンソースカンファレンス 2010 Goverment~オープンソースと政府・自治体~に行ってきました。

政府・自治体でのOSSを活用してのITコスト削減の事例は増えてきていますが、技術サポートや教育・研修、オープンな標準への対応など課題も多くあります。今回は、政府・自治体におけるIT関係者が一堂に会し、これらの対応について議論する、初めてのカンファレンスとのことです。

私は 無駄に、じゃなくってひたすら熱い雰囲気に引きずり込まれ、いつの間にかOSC、KOFに行くのも7回めです。開発者、技術者だけでなく、より多くのユーザがOSSを使い、コミュニティのメンバーとして貢献するようになることが夢です。OSSの普及に関心をもつ一ユーザとして、セミナーふたつとパネルディスカッションに参加しました。


■中古パソコンと無償OSでもできるシンクライアント-箕面市役所Edubuntu日記の舞台裏-■

箕面市役所の那谷さんのセミナー。まず箕面市の宣伝。サルと滝が有名。ここのサルはお金を渡すと自動販売機で飲み物買って来るらしいとのことです。

古くなった500台のWin2kマシン。MS-Office に入れ替えるとすると、今後も毎回予算が必要になる、これでいいのか?と市長室で言われ、では、と考えたのが、職員室にLAN新設し端末として活用、OSにUbuntuとLTSPを採用というこのプロジェクトです。市長さんのブログにこのあたりの事情も書かれています。http://blog.kurata.tv/article/32934638.html なるほど、導入/運用コストだけでなく廃棄コストもあるんですね。ちなみにこの市長さん30代。ツイッターで盛大につぶやいておられます。

このプロジェクトのプレスリリースは2009年10月に出されました。「脱MS」と堂々と言い切っているなど、すげーやるじゃん、と思った記憶があります。今回改めて見直してみました。

===================================================

 箕面市では、特定のIT 企業の製品に縛られて情報システムが高コストとなる現状を打破するため、「Linux(edubuntu)」の導入にチャレンジします。中古パソコン500 台を再利用して、 全市立小中学校20 校の職員室LAN に、シンクライアントとして構築します。
 このシステムは、イニシャルコストは従来の10 分の1 以下、ランニングコストもほとんどゼロ、端末メンテナンスフリーなどの特長があり、多くの自治体、企業が抱える「システムの高コスト構造」という共通課題へのソリューションとなる画期的なプロジェクトです。

  (プレスリリース:http://www2.city.minoh.osaka.jp/JYOUHOU/HOUDOU/linux_supp... より引用)
===================================================

なるほど、ベンダーロックインの弊害を指摘し、他自治体へのソリューションとしてのプロジェクトなんですね。コスト削減だけではないと。


===================================================
 つきましては、市が構築作業をする中で技術的課題が発生した場合に、アドバイスや対策検討をいただける「サポーター企業」様を募集します。
(同上)
===================================================


このサポート募集には、企業・団体・個人から、42件の応募があったそうです。そのうち14の企業、団体 がサポーターに。立ちはだかる課題に随時アドバイスがあり解決してきたそうです。またタイトルにある箕面市役所Edubuntu日記に書くと答えがつく、といったうれしいこともあったと。今は、思ったより使ってもらっている、そうです。

担当者としてUbuntu+LTSPは、とにかくクライアントがメンテナンスフリーであること。インストール・アップデート要らず、HDDクラッシュ知らず。クライアントはやや非力でもOK!(高性能の方が幸せではある)。これは本当にうれしいとのことでした。

ユーザの声は、「便利」「共有フォルダを使ってペーパーレス会議ができる」「子供向けのフォントやテンプレート不足」「机の上にあるとジャマ」など、必ずしも賛成意見ばかりではないそうですし、未知のものに対するユーザの不安にも対面しなければならないでしょうけど、「『現物を触ってもらえさえすれば、受け入れられるハズ』という思いで突き進んできましたから、ようやくそれがすこしずつつ伝えられてきたかな、という感じですね。」とブログに書いておられる、そのとおりだと思います。


【感想】
先駆者として取り組み、大きな声をあげて旗を振って突き進んできた勢いと心意気、とでも申しましょうか、そんなものをしみじみ感じたセミナーでした。よしウチもやる!とあとに続く自治体が待たれます。

「LTSP を体験してください。PCをお持ちの方はUbuntu Japanese Team ブースへどうぞ」とのことでしたので、後刻行ってみたところ残念ながらお留守でしたが、みのお名物もみじのてんぷらをいただきました。なんでもみじがてんぷらなのか不明ですが、美味しゅうございました。ありがとうございました。

配布資料 http://www.ospn.jp/osc2010-fall/
箕面市役所Edubuntu日記 http://blog.goo.ne.jp/minoh_edubuntu
公開日記トップへ
oooug-jp SNS

●サイドメニュー

  • 公開日記
  • >公開日記はログインしなくても読めます

http://www.ospn.jp/

inetd